最強のパソコン


HOME > 最強の周辺機器 > スキャナー
◆◆◆

最強の周辺機器「スキャナー」

◆◆◆
スキャナー(スキャナ)は文字や画像(写真など)をスキャンして画像としてパソコン内に取り込み編集したり保存したりできます。OCRソフトウェアを利用して、画像情報を文字コード化してPDFファイルに変換保存することもできます。バーコード読み取りタイプのものは商品の流れを把握でき、商品管理システムには欠かせません。小型で持ち運びに便利なハンディ-タイプから机周りに置いて使用するフラットベットタイプなど用途に応じて種類も豊富です。性能を見るにはdpiで表される解像度や読み取り速度、機能の有無で判断します。私たちがいつも使用している「インクジェットプリンター」ではコピー(スキャナー機能)やファックス、CD/DVDレーベル印刷の機能が搭載された複合機タイプで「オールインワン」、「マルチ」とも呼ばれているものが主流となっています。機能がひとつの機器に集約されると置く場所も小さくてすみますし何より資金の上で節約できるのはうれしいですね。
カテゴリ「最強のパソコン環境構築」の「プリンター & スキャナ」でも紹介しています。
最新 スキャナ
スキャナ
ドキュメントスキャナ フラットベッドスキャナ ハンディスキャナ ペンスキャナ
コードスキャナ レーザースキャナ
プリンター複合機
インクジェットプリンター複合機 レーザープリンター複合機
検索結果によっては旧モデル、アウトレット商品も含まれます。関連性の高い商品も含まれますので、詳細ページで確認してください。
  • ドキュメントスキャナ
    文字通りドキュメントをスキャンして書類のデジタル化を実現するためのものです。お気に入りの本や文字情報が書かれた用紙を一度に何枚もセットでき画像としてパソコン内に取り込みOCRソフトによりテキスト情報に変換することができます。

  • フラットベッドスキャナ
    一度に何枚もの用紙をセットできる「ドキュメントスキャナ」に対し、「フラットベットスキャナ」は一枚、一枚をスキャンして、セットする用紙は手で交換して行きます。プリンターに付加されているスキャン機能のある複合機はこのタイプになります。使用できる用紙は基本A4サイズまでです。

  • ハンディスキャナ
    大きさは種類にもよりますが基本、細長い文珍ぐらいの大きさで手で持ってスキャンします。小型なので持ち運びに便利でノートパソコンとセットで持ち歩けば外出先でも作業ができます。「フラットベッドスキャナ」では読み込むことができない大きな書類でも何回かに分けてスキャンすることで全文読み込みが可能です。

  • ペンスキャナ
    ペン型をしているので片手で持てて操作が簡単。書類の一行、一行をなぞっていくタイプのスキャナです。なので多くの情報を扱うものには向いていません。パソコンとの接続は簡単接続のUSBタイプのものが多く、電源もUSBから供給するタイプのペン型スキャナーが多いです。

  • コードスキャナ
    代表的なものにハンディ-タイプの「バーコードリーダー」があります。バーコードは商品の流れや商品管理になくてはならないもので商品管理システムの構築に利用されます。USB接続タイプや離れた所でも作業ができる「Bluetooth」、「ワイヤレスCCD」などのタイプのものがあります。

  • レーザースキャナ
    小型・軽量で代表的なものにレーザーを使用したバーコードリーダーがあります。「CCDスキャナ」と同じような特徴を持ち、レーザーを使用しているので少し離した状態(約20㎝)からでも読み取りが可能です。

  • プリンター複合機
    プリンターにスキャナ機能を付加したものです。プリンターにフラットベッドスキャナを合体させたものをイメージして頂ければいいと思います。実際にはコピー(スキャナー機能)に加えてファックス、CD/DVDレーベル印刷など複数の機能が搭載された複合機タイプで「オールインワン」、「マルチ」とも呼ばれています。プリンターの種類で私たちが普段使用しているインクジェットプリンターと企業などが業務用として使用するレーザープリンターの2種類の複合機があります。
    インクジェットプリンター複合機 レーザープリンター複合機
当サイト管理人の独断と偏見により設定していますので世間一般での評価とは異なる場合が有ります。また、日付が古くなりますと商品の売り切れ等によるリンク切れや、現在の実情とは異なる場合もあるかと思いますがご容赦下さい。商品ページの説明、対応表を見てお持ちのパソコンに対応しているかどうか、相性はどうか良く確認してから購入するようにして下さい。
セール!
おすすめリンク-関連ページにリンクしています
ホーム最強の周辺機器
  Copyright © since 2005 最強のパソコン All right reserved.