最強のパソコン


HOME > 最強の周辺機器 > フラッシュメモリ・カードリーダー
◆◆◆

最強の周辺機器「フラッシュメモリ・カードリーダー」

◆◆◆
フラッシュメモリはUSB端子に接続する外付のUSBメモリが有名ですが、携帯やスマートフォンなどの機器の内部に挿入するmicroSD(SDHC)カード等も含まれます。ディジタルカメラや携帯などで使用される小型のカード型記録メディアを言います。使用する機器のメーカーや機種により対応カードは様々でSD(SDHC)メモリーカードminiSD(SDHC)カードmicroSD(SDHC)カードコンパクトフラッシュxDピクチャーカードメモリースティックスマートメディアなど多くの種類があります。メーカーや機種により対応するカードが違いますのでどのカードタイプなのかを事前に調べて選択するようにしましょう。無線LAN機能搭載SD(SDHC)カードは直接パソコンに画像を保存したり、インターネットにアップロードしたりすることができるので、これからの主流になるかもしれないですね。
最新 フラッシュメモリ・カードリーダー
フラッシュメモリ・カードリーダー
SD(SDHC)カード miniSD(SDHC)カード microSD(SDHC)カード SDXCカード
microSDXCカード コンパクトフラッシュ xDピクチャーカード メモリースティック
スマートメディア USBフラッシュメモリ メモリカードリーダー ICカードリーダー
無線LAN搭載SDHCメモリカード
Eye-Fiカード 東芝 FlashAir
検索結果によっては旧モデル、アウトレット商品も含まれます。関連性の高い商品も含まれますので、詳細ページで確認してください。

フラッシュメモリについて

ビデオカメラやデジタルカメラなど、フラッシュメモリを利用したさまざまなデジタル商品が販売されていますが、何種類ものカードを所持・管理するのは面倒です。できれば同じ種類のフラッシュメモリを採用している機器を購入し、どの機器でも使用できるように互換性を持たせておけば経済的です。

現在、何種類もあったカードは競争や自然淘汰されSD(SDHC)カードの一人勝ちの様相を呈していますので、これからを考えた場合、SD(SDHC)カード対応機種を選択されることをおすすめします。とは言ってもまだまだ、他のカードも現役で多くのカードが流通しています。

フラッシュメモリの性能

フラッシュメモリの性能は記録容量とデータの転送速度で決まり!記録容量はMB、GBで表されGBはMBの1000倍(1GB=1000MB)で数値の大きいものがより多くのデータを記録できますし、データ転送速度が早ければ早いほど処理速度が短縮されストレスの少ない作業ができます。

SD(SDHC)カード

SD(SDHC)カードは、大・中・小と三種類の大きさのものがあります。大はデジタルビデオなどの記録メディアに使用されているSD(SDHC)カード、中はデジタルカメラなどの記録メディアに使用されているminiSD(SDHC)カード、小はスマートフォンや携帯などの記録メディアとして使用されているmicroSD(SDHC)カードです。

いずれも同じ方式で互換性があり、例えばmicroSD(SDHC)カードにアダプターを取り付けてSD(SDHC)カードとして使用することができます。

データの転送速度は、速さを表す「スピードクラス」の数値が大きいほど速いものとなります。よくショップなどでmicroSD(SDHC)カードの「Class 10に対応」などの商品説明、表記を見かけると思います。これがデータ転送速度を表す数値です。

SDカードの記録容量:2GBまで

SDHCカードの記録容量
2GB 4GB 8GB 16GB 32GB

SD(SDHC)カードのスピードクラスと転送速度
スピードクラス Class 2 Class 4 Class 6 Class 10
転送速度 2MB/s 4MB/s 6MB/s 10MB/s

SDXCメモリーカード

SDXCカードはメディアのフォーマット形式に新しい「exFAT」というフォーマット形式を採用。SDXCカードmicroSDXCカードがあります。SDHCより更に高速、大容量化に向けて策定された規格で容量は64GB、Class 10に対応のものがあります。容量的にHDに対応するため、ますます需要が増してくるものと思われ、容量と転送速度は将来、更に増大の可能性を秘めています。

SDメモりカードの対応フォーマット

フォーマット形式
SDカード SDHCカード SDXCカード
FAT16 FAT32 exFAT

無線LAN機能搭載SD(SDHC)カード

無線LAN搭載SDHCメモリーカードは、アイ・ファイジャパンの「Eye-Fiカード」と東芝 「FlashAir」があります。【無線LAN規格】IEEE802.11...に対応し、カードにワイヤレスでの通信機能を持たせた無線LAN内蔵のSD(SDHC)カードです。

設定することでデジタルカメラで撮りためた画像や動画を直接パソコンに自動で取り込んだり、パソコンの無線LANにアクセスしてインターネットに接続し、オンラインストレージサービスやブログなどにデータをアップロードすることができます。家族で共有し遠く離れていてもリアルタイムに閲覧できて感動を共有できます。外出先からは公衆無線LANにつないでアップロードできます。

記録容量は2GB(SD)と4GB、8GB(SDHC)に対応しています。画像や動画をアップロードできるサイトはYouTubeFacebookも可能です。それにしても、小さなカードの中にワイヤレス通信機能を持たせるなんて、すごい技術ですね。

カードリーダー

カード型記録メディアをパソコンに接続する役割を担うのがメディアカードリーダーです。ディジタルカメラで撮影した写真が記録されている記録メディアをカードリーダーに挿入してパソコンの中に取り込むことができます。

Eye-Fiカードのようにワイヤレスで直接パソコンの中に画像を送信できるタイプのカードが多く出てきて全てのカードに対応できれば、このカードリーダーの役目は終わることになるかも知れないですね。でも最初の設定時はUSBカードリーダーでパソコンに接続しなければなりませんので完全になくなることはない様です。

カードリーダーにはICカードの読み込み・書き込みができるICカードリーダーがあります。国税電子申告・納税システム(e-Tax)の公的個人認証サービスで使用される住民基本台帳カードやセキュリティICカード等の認証をする時に必要となります。その他のICカード、例えばデジタルテレビの「B-CASカード」なんかも読み込める場合があり法令違反にならない様に注意して使用することが求められます。
当サイト管理人の独断と偏見により設定していますので世間一般での評価とは異なる場合が有ります。また、日付が古くなりますと商品の売り切れ等によるリンク切れや、現在の実情とは異なる場合もあるかと思いますがご容赦下さい。商品ページの説明、対応表を見てお持ちのパソコンに対応しているかどうか、相性はどうか良く確認してから購入するようにして下さい。
売れてるランキング!
おすすめリンク-関連ページにリンクしています
Yahoo!ショッピング
ホーム最強の周辺機器
  Copyright © since 2005 最強のパソコン All right reserved.