最強のパソコン
HOME > 最強のパーツ > インターフェースボード
◆◆◆

最強のパーツ「インターフェースボード」

◆◆◆
インターフェースボードはインターフェースカードとも言われPCI Express・PCIスロットにUSBやIEEE1394、IDE、SATA、SCSIなどのインターフェースボードを挿入して、対応する入出力端子を増設するためのものです。最近、IDEやSCSIのインターフェースはSATAに主役の座を明け渡しているせいか使用頻度が減少しあまり見かけなくなりました。パソコン本体に最初から備わっている端子は数に限りがあり、例えばUSB端子で接続する外付の機器は沢山あり足りない場合は新たに増設する必要があります。また、現在ある機能に新しい機能、例えばUSB2.0から更に高速なUSB3.0が追加された場合に、その機能を使用するためには新たに新しい機能を搭載したインターフェースボードを追加する必要があります。拡張ボードの一種であり接続端子に限らず、LAN・モデム等のネットワークカードやグラフィックカードなども含まれます。モデムやグラフィックカードは「最強のネットワーク機器」、最強のパーツ「ビデオカード」を参照下さい。マザーボードによってはPCI Express・PCIスロットに空きがない場合も有りますので事前に確認しておきましょう。なければ、USB端子への接続タイプやノートパソコンであればPCカードスロットに挿入するタイプもありますので状況に応じて対応できます。
最新 インターフェースボード
インターフェースボード
USB IEEE1394 SATA LAN
検索結果によっては旧モデル、アウトレット商品も含まれます。関連性の高い商品も含まれますので、詳細ページで確認してください。
おすすめ インターフェースボード


検索結果がありません
当サイト管理人の独断と偏見により設定していますので世間一般での評価とは異なる場合が有ります。また、日付が古くなりますと商品の売り切れ等によるリンク切れや、現在の実情とは異なる場合もあるかと思いますがご容赦下さい。商品ページの説明、対応表を見てお持ちのパソコンに対応しているかどうか、相性はどうか良く確認してから購入するようにしましょう。
おすすめリンク-関連ページにリンクしています
Yahoo!ショッピング
ホーム最強のパーツ
  Copyright © since 2005 最強のパソコン All right reserved.