最強のパソコン
HOME > 最強のパーツ > ハードディスク(内蔵型)
◆◆◆

最強のパーツ「ハードディスク(内蔵型)」

◆◆◆
内蔵型のハードディスクはマザーボードとの接続形態でIDEケーブルを使用したパラレル接続やシリアルATA(SATA)接続があり、現在は転送速度がより高速化したシリアルATA(SATA)のものが主流です。IDEケーブルを使用したパラレル接続では、OS(Windows XP、Windows Vista、Windows 7 他)やソフトウェアをインストールするためのマスター(Master)と増設用としてテキストやビデオなどを保存しておくためのスレーブ(Slave)に分けられます。PCケースの内部にハードディスクを増設する場合はハードディスクにあるジャンパー線をスレーブ(Slave)の位置に設定します。シリアルATA接続にはこの設定は必要なく簡単に増設できます。最近では次世代ハードディスクと言われるフラッシュメモリータイプのSSD(ソリッドステートドライブ)がノートパソコンを主体に採用されています。
続きを読む最新 ハードディスク事情
外付型はこちら->ハードディスク(外付型) ケースはこちらに有ります。
最新 ハードディスク(内蔵型)
ハードディスク(内蔵型)
2.5 HDD 3.5 HDD SSD
500GB 1TB 2TB
検索結果によっては旧モデル、アウトレット商品も含まれます。関連性の高い商品も含まれますので、詳細ページで確認してください。
おすすめ ハードディスク(内蔵型)
当サイト管理人の独断と偏見により設定していますので世間一般での評価とは異なる場合が有ります。また、日付が古くなりますと商品の売り切れ等によるリンク切れや、現在の実情とは異なる場合もあるかと思いますがご容赦下さい。商品ページの説明、対応表を見てお持ちのパソコンに対応しているかどうか、相性はどうか良く確認してから購入するようにして下さい。
おすすめリンク-関連ページにリンクしています
Yahoo!ショッピング Amazon.co.jp通販サイト(アマゾン)
ホーム最強のパーツ
  Copyright © since 2005 最強のパソコン All right reserved.