最強のパソコン
HOME > 最強の自作パソコン > 最新 CPU事情

最新 CPU事情

パソコンのパーツの中でも心臓部とも言えるのがCPUです。代表的なものにインテルとAMDがあります。Pentium などインテルのCPUの性能は動作速度を表すクロック周波数で決まります。周波数が高ければ高いほど処理速度が速いと言うことになります。これに対しAthlonなどAMDのCPUは、周波数は低くても処理効率で周波数の高いものと同程度の能力を持ちます。最近のCPUの流れはCPUの中の”コア”を増やして処理効率を上げているものが主流です。見かけ上、複数のCPUを同時に稼働させて並列処理させているように見えます。性能の向上と共に内部で発生する発熱量も多くなりCPUファン等の熱対策も重要です。(2012.6)
最新CPU & CPUクーラー

Intel(インテル)

Core i7 Extreme Core i7 Core i5
Core i3 Core 2 Quad Core 2 Duo
Xeon(サーバー向け)

AMD(エーエムディー)

AMD FX A-Series Phenom II( X6,X4,X3,X2)
Athlon II( X4,X3,X2) Sempron
Opteron(サーバー向け)

CPUクーラー

CPUファン
Intel(インテル)及びAMD(エーエムディー)のCPUは、共に上段左側より記載のものほど現在使用されている最新で最も性能が良いものと言えます。しかし、下位のものでもクロック数が高く動作が速いものも有りますので一概には言えません。

CPUクーラーは、水で冷却する水冷式や扇風機の様に送風で冷却するファン式、放熱効果を利用したヒートシンク式、真空超熱伝導管式、それらを組み合わせたものなど様々な方式の物があります。一般的にはファンとヒートシンクを組み合わせたもので十分ですがゲームや映像処理など高負荷の使用では発熱量が半端ではないので水冷式などの冷却効果の高いものが使用されます。

CPUとCPUファンは形状に種類があり、購入する時は形状に合った物を選ぶ必要があります。

CPUについて

CPUイメージCPUにはたくさんの種類があります。Intel(インテル)にはCore i7 , Core i5 , Core i3 など・・・、AMD(エー・エム・ディー)にはFX(AMD FX) , Phenom II X6, Phenom II X4 , Phenom II X3 など・・・があります。使用目的に応じてハイスペック、スタンダード、エントリーなどに分けられます。

Intel(インテル)やAMD(エー・エム・ディー)のCPU名の後ろには番号や記号が付いています。例えばIntel(インテル)では「Core i7」の後ろに「Core i7 980X」、AMD(エー・エム・ディー)では「AMD FX」の後ろに「AMD FX 8150」となっています。

CPUはデスクトップPC用とノートPC用があり、どちらも同じCPU名が使用されています。見分けはどうしたらいいのかなと疑問に思う方もおられるかと思います。製品名、番号の中に見分ける方法がありますので紹介したいと思います。

AMDのCPUには製品名とモデル番号があります。例えばAシリーズの場合、デスクトップPCではA8-3850、A8-3870Kなのに対し、ノートPC・モバイルPC向けはA8-3550MX、A4-3320Mの様に最後にMMXの記号が付きます。Phenom IIは、X920、N930、P920、V120の様にモデル番号の最初にX,N,P,Vが付きますので見分ける際の参考になります。

インテルの場合はプロッセッサーナンバーと言い、-660LM、-620UM、-2920XM、-2640Mの様に最後にMが付きます。稀にEが付くものも有りますので注意が必要です。

インテル、AMDのどちらも基本的に同じCPU名、同じシリーズの番号であれば数値が大きいほど性能が良いものと言えます。

最近のCPUの方向性としてCPUの性能(速度)を上げるためCPUの中にあるコアを増やして同じ処理を平行に行うマルチコアを採用しています。
CPU:シングルコア
もともと一つのCPUに対して一つのコアがありました。ですがCPUのクロック数を上げるだけでは限界があり、コアを増やすことで対応をしたものです。

CPUの中のコアを二つにしたものをデュアルコア、CPUの中のコアを四つにしたものをクアッドコアと言い、最近ではコアを六つ、八つにしたものまででてきています。

一つよりは二つ、二つよりは四つと数が増えれば増えるほど処理速度が速くなることは想像がつくと思います。ですがこれからの商品であり未知数な部分があるのでコア数に関わらず完成度が高く処理速度のクロック数を優先して選ぶことをおすすめします。

CPUとコア数
CPUイメージ CPU:デュアルコア CPU:クアッドコア CPU:6コア(ヘキサコア) CPU:8コア(オクタコア)
コア数
インテルCPU Core i5(600番台)
Core i3
Core 2 Duo
Dual-Core
Core i7
Core i5(700番台)
Core 2 Quad
Core i7 Extreme
Core i7

現在最高のCPUです
 
AMD CPU A-Series(A6,A4)
Phenom II X2
Athlon II X2
Phenom X2
Athlon X2
AMD FX
(4000番台)
A-Series(A8,A6)
Phenom II X4
Athlon II X4
AMD FX
(6000番台)
Phenom II X6
AMD FX
(8000番台)
性能面での評判がいまいちです。

AMD社にはコアが3つのA-Series(A6,),Phenom II X3,Athlon II X3があります。インテルのCore i7(600番台)はモバイル向けにコアが2つのものがあります。

↑Top

当サイト管理人の独断と偏見により設定していますので世間一般での評価とは異なる場合が有ります。また、日付が古くなりますと商品の売り切れ等によるリンク切れや、現在の実情とは異なる場合もあるかと思いますがご容赦下さい。商品ページの説明、対応表を見てお持ちのパソコンに対応しているかどうか、相性はどうか良く確認してから購入するようにしましょう。
ホーム最強の自作パソコン

パソコン初歩の初歩 / ぱそライフ-はじめよう!パソコンライフ / 癒しの空間 SPC shop
   Copyright © since 2005 最強のパソコン All right reserved.