最強のパソコン



HOME > 最強の自作パソコン > 組み立ての流れ
◆◆◆

最強の自作パソコン

◆◆◆

組み立ての流れ

初めて自作パソコンに挑戦される方には何から始めていけばいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。組み立ての一連の作業の流れがつかめていれば不安もうすらぎ作業効率もはかどってくると思いますので一般的な組み立て手順を紹介しますので参考にしてください。
パーツには種類もたくさん有って機能や取り付けに関する仕様の違いも有りますので、それぞれのパーツの取扱説明書を参照されて作業を進めるようにして下さい。
  1. ケースの確認
    使用するケースの両サイドにある蓋(サイドパネル)を開けます。通常は背面側に2本のネジで留められていて、それをはずして後ろ側にずらせば開けられると思います。
    ケース内に取り付けるマザーボード、CD/DVDドライブやハードディスクなどのドライブストレージ、電源、ケースファンなどのPCパーツの取り付け位置を確認しておきます。CD/DVDドライブやフロッピーディスクの取り付け場所にはスペースを埋めるベイカバーがありますので取り外しておきます。

  2. ケースに電源装置を取り付ける
    電源は各パーツが使用する電力量を全てまかなえる容量を備えている必要があります。最初からケースに付属しているものも有りますが、OSのVistaやCPUなどの各種パーツの高機能化にともないかなりの電力量が必要になってきていますのでパーツやOSをアップグレードされた場合は電源装置もパワーアップして安定化をはかります。
    取り付けはネジでしっかりと固定します。

  3. マザーボードにCPUを取り付ける
    CPUのメーカーは Intel と AMD に分けられマザーボード側にあるCPUを取り付けるソケットの形状により、同じ Intel でも最近のものは「LGA」、以前のものは「PGA」とタイプが違い適合性の確認が必要です。
    取り付け面には小さなピンがあり少しでもズレて取り付けようとするとピンが曲がってしまい機能しなくなりますので細心の注意が必要です。万が一曲がった場合、真直ぐに修復できれば使用可能です。

  4. CPUクーラーを取り付ける
    CPUは高性能なものほど動作速度が速くなり、それに伴い高熱を発し誤動作や機器の故障の原因につながるため冷却用のCPUファンを取り付け冷却する必要があります。
    CPUの上に被いかぶせるようにしてCPUファン側にある4角のつめを固定場所の穴に差込み固定レバーで固定します。

  5. マザーボードにケーブルを接続する
    マザーボードとハードディスクやCD/DVDドライブなどのドライブストレージ、その他のPCパーツとを接続するためのケーブルをマザーボードに接続します。ケーブルはマザーボードとPCパーツに対応したものが必要で現在主流の「シリアルATA」、少し前まで主流だった「Ultra ATA」と有りますのでどちらに対応しているのかを事前に確認しておきます。
    マザーボードはシビアなパーツで無理な力が加わったり、衝撃を受けると故障の原因になりますのでケースに取り付ける前に作業のしやすい環境で済ませておくと安心です。

  6. マザーボードにメモリを取り付ける
    マザーボードにはメモリを取り付けるためのソケットがあります。現在主流になりつつある「DDR3 SDRAM」、少し前まで主流だった「DDR2 SDRAM」、「DDR SDRAM」などがあり、このメモリの種類によりマザーボード側のソケットも形状が異なるので気を付けてください。
    ATX規格のものは標準で4つ、Micro ATX規格のものは2つソケットが用意されています。このソケットに同じモジュールのメモリを2つ挿入して動作速度を速く、快適にしてくれるデュアルチャンネルとすることができます。デュアルチャンネルにするにはソケットがデュアルチャンネルに対応している必要があります。

  7. マザーボードをケースに取り付ける
    マザーボードに各種パーツを取り付け、ケーブルを接続したらマザーボードをケースに取り付けます。マザーボードに取り付けられたCPU、メモリなどを含めかなりの高価なものになっていますので作業は慎重かつ正確に行うように心がけて下さい。

  8. ケースにドライブストレージを取り付ける
    ハードディスク、CD/DVDドライブ、フロッピーディスクドライブ、カードリーダーなどをケースの所定に位置(ドライブベイ)に取り付けます。
    ドライブベイに挿入して両側又は片側のみからネジでしっかりと固定して下さい。

  9. ケースに冷却用ケースファンを取り付ける
    4角の取り付け用ネジ穴に合うサイズを用意しネジでしっかりと固定します。ケース内は電源や各種パーツの発する熱で高温になり誤動作や故障の原因になるため冷却用ファンで空気の流れを起こし外に熱を逃がす役目があります。

  10. マザーボードとPCパーツをケーブル・コネクタで接続する
    パソコンが起動できる必要最小限のパーツを組み込みケーブル・コネクタの接続を終えます。
    BIOSを設定してOSをインストールし起動できることを確認します。
    パーツの初期不良等も考えられるため、たくさんのオプションパーツを取り付けた後ではどのパーツに不良不備があるのか判別しにくく、起動できない原因の特定がむづかしいので最初は必要最低限の構成で起動確認をされることをおすすめします。

  11. PCIスロット等に追加カードを取り付ける
    正常に起動することが確認できれば次に、PCIスロット等にビデオカード、TVキャプチャーカード、オーディオカード、インターフェースなどを取り付けます。また増設用の内蔵ハードディスク、メモリーなども組み付けてパソコンの組み立てを完了します。

  12. 各種ソフトウェアをインストールする
    パソコンを起動してOfficeやビデオ編集ソフト、ウイルスセキュリティソフトなど、よく使うソフトウェアをインストールしてパソコン環境を整えます。Windows UpDateも行ってセキュリティに万全の対策をして下さい。

以上、基本的な自作パソコンの組み立て手順を記しましたがパソコンは日々進化しパーツなどの沢山の種類や新しい機能、仕様の変更により手順も変更しなければならない場合も有るかと思います。やはり最初に記しましたように購入されたパーツの取扱説明書等を参照されて作業を進めていかれることをおすすめします。
ホーム最強の自作パソコン
  Copyright © since 2005 最強のパソコン All right reserved.